借入審査

消費者金融で借入審査するならココ

消費者金融で借入審査をするのか銀行で借入審査をするのか迷っている方は多いと思います。

 

消費者金融だからこそのメリットとデメリットがあり、銀行ならでのメリットデメリットもあります。
なので当サイトを上手に活用して最適な借り入れ審査を行って頂ければ幸いです。

 

ちなみに「借入審査※銀行と消費者金融一覧」では消費者金融と銀行のカードローンを分けてランキングしております。

 

プロミス

 

すぐにお金が欲しい人はプロミスがおすすめです。14時までに契約を終えればその日にお金を振り込んでもらえます。来店の必要もなくウェブで契約ができるので、手間もかからず便利です。利用明細書も郵送ではなくネットで確認するサービスを選択することができるので、利用明細書で家族に知られてしまう・・・という心配もありません。初めてプロミスを利用する人は30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)を受けられるのでお得です。

 

詳細はこちら

 

モビット

 

WEB完結申込を利用すると、全ての手続きがウェブで行えるので利便性が高くて若い人を中心に大人気です。カードの発行もないので、郵送物もゼロ。家族に知られる心配もないので、人目を気にせず安心して利用できます。本審査が完了するまで最短30分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)で即日融資も可能と手続きがスピーディなので、急ぎでお金が必要な人には非常に便利。スマホからの申し込み入力も簡単なので、使い勝手が非常によくて金利も低いのでおすすめです。

 

※当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。
※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

 

詳細はこちら

 

アコム

 

初めてアコムを利用する方にとって強い味方がアコムです。長年の信頼と実績から初めての借入にはアコムを選ぶ人が多いです。また三菱UFJフィナンシャル・グループに属しており、アコム自体の信頼性に加えバックの信頼性も抜群なので安心感があるだけでなく金利も低めに設定されているのが嬉しい。審査も最短30分なので即日融資にも対応しています。

 

詳細はこちら

 

 

女性の方で借入審査を希望されている方は女性専用の窓口であるプロミスレディースキャッシングが話題となっています。申込者が女性であることを想定してきめ細かい配慮がされています。アルバイトの方もパートの方も当然のことですが利用可能ですので一度検討してみることをおすすめします。

 

レディース

銀行で借入審査するならココ

三菱東京UFJ銀行カードローン

阿部寛さんをCMに起用しているために知名度がバツグンな三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックは、銀行の商品だから安心して利用できるだけでなく、低金利と嬉しい金利設定です。銀行なのに消費者金融レベルの素早い対応が魅力で、審査は最短30分で回答がきます。もちろん当日・即日の融資も可能です。三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても利用できるので誰でも利用しやすい点や、銀行ATM/提携コンビニATMで借入や返済ができる点、、インターネットなら24時間365日申し込みが可能などの利便性の高さから大人気のカードローンです。また総量規制対象外のカードローンなのでその点も大きな魅力です。

 

詳細はこちら

 

オリックス銀行カードローン

カードローンを利用するなら、お得がいっぱいのオリックス銀行もおすすめです。金利は業界最低の3%からと超低金利。利用限度額も800万円までとまとまった借入にも対応しています。なのでおまとめや借り換えにピッタリのカードローンと言えます。収入証明書類も300万円までの借入なら不要なので、ユーザーにとっては手間がかからず嬉しい限りです。インターネットからの申し込みならば来店不要で手続きが可能なことや、提携ATMでの借入や返済の際の手数料は無料なのもオリックス銀行の人気の理由の1つです。

 

詳細はこちら

 

新生銀行レイク

株式会社新生銀行のキャッシングが「レイク」です。初めて利用する方なら30日間無利息。来店不要で即日振込も可能です。また借入する際は返済する際に利用するATM手数料も無料という銀行カードローンの中でも非常に優秀なスペックを持った商品です。なお実質年利も4.5〜18パーセントと低金利を実現!審査結果がすぐにわかるのも大きな魅力です。

 

詳細はこちら

 

 

借入審査を通過するためのポイント10

借入審査のポイント10

借入する際には必ず審査があります。いくら借入条件の良いところが見つかったとしても、審査に通らなければ融資を受けられません。「なんで審査なんてあるんだ・・・!」と思うかもしれませんが、やらなくてはいけない理由があります。

 

一般的なキャッシングは、担保や保証人いらずでお金を貸してくれます。担保などの代わりに、信用によってお金を貸してくれているのです。キャッシング会社側は、申し込み者の返済能力の有無や信用できるのかどうかを見極めて融資を行っています。

 

そのための審査です。最近では短時間で審査結果がわかるようになっていますが、決して雑に審査をしているわけではありません。厳密に審査が行われています。審査を侮ってはいけませんよ!審査に落 ちてしまえば、融資は受けられません。借入審査に通るためのポイントをまとめたので、参考にしてください。

 

 

借入審査をする際のポイント10

 

@見栄を張って、年収を多く申告しないこと
A基本情報の住所や電話番号を間違えないこと
B他社からの借入状況を正直に申告すること
C勤務先、勤続年数も正直に書くこと
D申し込み条件の年齢に達しているかを確認してから申込をすること
Eアルバイトやパートでも毎月収入があること
Fもし複数社から借入している場合には、一本化してから申込みをすること
G過去に返済の遅延や債務整理などをしていないこと
H使用していないけど契約しているキャッシングがあれば解約しておきましょう
I自分の返済能力に見合った申し入れ金額であること

 

 

最低限、上のポイントは押さえておきましょう。細かい審査基準は公開されていませんが、一般的にはこのようなことが審査におけるポイントとなっています。

 

審査は履歴書のようなものです。記入漏れやミスがないように気を遣いましょう。誤字脱字も避けたいものです。ウソの記載はもってのほかです。審査に有利になるように年収を多く書いたとしても、プロからしたらおおよその年収を把握できるものなので、すぐにウソがバレてしまいます。ウソをつくことによって信用できない人間と判断されて審査に影響してしまうこともあります。

 

また、申込条件には年齢の制限が設けられています。下は20歳以上からで、65歳までというところもあれば69歳まで可というところもあります。上限年齢の設定が会社によってバラバラなので、確かめてから申し込みをした方がよいでしょう。

 

働いてなくても、年金などで毎月一定の収入があれば、借り入れすることが可能な場合もあります。正社員でなくても、派遣社員やフリーター、パート、アルバイトの人でもキャッシングを利用することができます。毎月収入があれば審査に通る可能性は十分にあるのです。

 

他社からの借入状況ですが、金融機関で共有しているデータベースから割り出されてしまうので隠したとしてもバレてしまいます。正直に申告しておくべきです。ちなみに、他社からの借入が何件くらいでアウトになるのかというと、キャッシング会社によって基準が異なるようですが、3件くらいまではOKのところが多いようです。

 

それ以上になってくると審査に通らない可能性が高くなってきます。件数を減らすために、過去に契約して今は利用していないようなキャッシング先を解約したり、おまとめローンを利用して借入先を整理してから新しい申し込みをした方が審査には有利と言えるでしょう。銀行や消費者金融の借入審査を通すためにも事前の準備をしておくことをおすすめします。


銀行キャッシングと消費者金融キャッシングを賢く使い分けよう

金利優先の銀行?スピード重視の消費者金融?

いざキャッシングを利用しようとした時に、銀行カードローンにするか消費者金融キャッシングを選択するかが、大きな分かれ道になります。銀行キャッシングと消費者金融キャッシングの特徴やメリットデメリットについてご紹介していきますので、自分にとってもっとも有益なキャッシング先はどちらなのかをよく考えてから利用すると後悔がないですよ。

 

銀行キャッシングの特徴といえば、総量規制の対象外になっているという点です。これが消費者金融キャッシングとの一番の大きな違いでしょう。総量規制は貸金業者が対象になっているものなので、銀行法に基づいて貸し付けを行っている銀行では影響しません。総量規制の対象外ということで、年収の3分の1までの額しか借入ができないという縛りがありません。消費者金融キャッシングと比べると、大きな額の借入ができる可能性があります。

 

金利も低めに設定されている場合が多く、とにかく金利の低さ優先でキャッシング先を考えたい人には利用価値が高いでしょう。収入のない人がキャッシングをする場合、消費者金融キャッシングでは不可能に近いのですが、銀行カードローンであれば借入が可能です。これも総量規制の影響によるものなので、銀行カードローンでれば専業主婦のような方でもキャッシングを利用することができます。収入がない人が銀行カードローンする場合でも、配偶者の方の収入証明などの書類提出の必要もないので、ご主人様にバレることなくキャッシングができ専業主婦方には絶大な人気があります。

 

また、主に初めて利用する人にとっては銀行のネームバリューがあるので、銀行キャッシングの方が安心感があるというメリットもあります。

 

一方、銀行キャッシングにもデメリットがあります。銀行キャッシングは、低金利で限度額が大きいなどのスペックが高くなっている分、審査基準が多少厳しく設定されています。審査基準が公表されているわけではないので明確な基準はわからないのですが、一般論として若干審査が厳しめになっていると言われています。

 

次に消費者金融キャッシングについてです。最大のメリットは、スピーディにキャッシングができるという点です。来店などをすることなく、ウェブで手続きが完了するなど簡単に気軽に利用できるのが大きな魅力です。また貸金業法の改正によるグレーゾーン金利の廃止で銀行のカードローンと比べてもそこまで大差がないぐらい低金利でお金を借りることが出来るのも現在の消費者金融キャッシングの魅力と言えます。

 

また消費者金融キャッシングでは初めて利用する際には無利息サービスが受けられるなど、オトクなサービスを展開しているところが多いので受けられる特典は賢く利用しましょう。

 

消費者金融キャッシングと銀行キャッシングとの大きな違いは総量規制の対象になっているという点です。総量規制によって、貸し出しできる額が年収の3分の1までと定められています。他社から借入している場合にも借入総額が年収の3分の1以下までとなっているので、すでに他社で規定の額に達している場合には、新たな借入はできません。

 

一定の安定した収入がある主婦であれば利用できるのですが、収入のない専業主婦などの人の場合には、単独で消費者金融でキャッシングを利用することがほとんど出来ないでしょう。これも総量規制の影響からです。専業主婦のように収入のない方が消費者金融を利用する際には、配偶者の同意書や収入証明書類の提出が必要になります。

 

手続きが複雑になり手間がかかるために、消費者金融では無収入者への貸し出しをしないようになっています。専業主婦の方にとっても、消費者金融でキャッシングをするとなると旦那様にはバレてしまうのでデメリットが大きくなってしまいます。

 

このように見ていくと、銀行カードローンと消費者金融キャッシングには様々な違いがあるので、自分がどちらを利用すべきかという判断がしやすくなったと思います。自分にとってより多くのメリットが受けられる方を利用するようにしましょう。